FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 「みずいろ」のレビューNo.1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://bishoujyogames.blog90.fc2.com/tb.php/67-0550283e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 美少女ゲーム情報・体験レビュー

Home > スポンサー広告 > 「みずいろ」のレビューNo.1

Home > みずいろ > 「みずいろ」のレビューNo.1

「みずいろ」のレビューNo.1

「みずいろ」のレビュー1回目です。

「萌え」という単語がオタクの間に広く浸透してもう10年以上になるでしょうか。
当然、「萌え」は美少女ゲームでも重要な要素。
そんな「萌え」要素をとことん煮詰めて作られたのが、今回紹介するねこねこソフトの『みずいろ』です。

『みずいろ』は2001年に発売された作品で、作品のキャッチコピーは「離れえぬよう、流されぬよう、ぎゅっと…」。

ドジな幼馴染み、優しい妹、喧嘩仲間のクラスメイト、天然な先輩、主人公を慕う後輩、と、「美少女ゲーム世界での「普通」」をテーマにして作られた作品でもあります。

まさにタイトル通り「みずいろ」のような透き通った淡い想いを描いた作品と言えるでしょう。

ゲームスタイルはオーソドックスなADV。
特徴的なのは、「過去パート」と「現在パート」があり、過去パートでは主人公とヒロイン達との子供時代のエピソードが描かれ、そこでの選択によって現在パートに分岐するという点。

ヒロインは全部で5人。
主人公・片瀬健二の義理の妹・雪希(ゆき)、幼馴染みの早坂 日和(はやさか ひより)、クラスメイトの小野崎 清香(おのさき きよか)、先輩の神津 麻美(こうづ あさみ)、後輩の進藤むつき。

どのキャラの設定も「美少女ゲーム界での「普通」」を狙って作られていますが、その分「定番」をしっかりと押さえたキャラ作りをされているので、萌えはばっちりです。

『みずいろ』はまさに「萌えゲー」の頂点と言っても過言ではないのです。


スポンサーサイト
[PR]

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bishoujyogames.blog90.fc2.com/tb.php/67-0550283e
Listed below are links to weblogs that reference
「みずいろ」のレビューNo.1 from 美少女ゲーム情報・体験レビュー

Home > みずいろ > 「みずいろ」のレビューNo.1

Return to page top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。