FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > 「Lien~終わらない君の唄~」のレビューNo.1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://bishoujyogames.blog90.fc2.com/tb.php/64-c48c73e5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 美少女ゲーム情報・体験レビュー

Home > スポンサー広告 > 「Lien~終わらない君の唄~」のレビューNo.1

Home > Lien > 「Lien~終わらない君の唄~」のレビューNo.1

「Lien~終わらない君の唄~」のレビューNo.1

『Lien(リアン)~終わらない君の唄~』のレビュー1回目です。

『Kanon』が1999年に爆発的にヒットして以来、幾多のメーカーからそれはもう数え切れないほどの「泣きゲー」がリリースされました。

リリースされた作品の多くは、『Kanon』のスタイルである、日常会話にギャグを織り交ぜ、そこに徐々に切ないシーンを盛り込んでいき、物語をクライマックスへと持っていくというものをトレースしたものでした。

そんな数多くの「泣きゲー」の系譜の中にあって、少し特異な位置にあるのが今回紹介する『Lien(リアン)~終わらない君の唄~』です。

『Lien』はPurpleから2000年に発売された作品で、物語のスタイルは序盤はギャグ会話で話を進め、後半は感動的なストーリーに持っていくという泣きゲーのテンプレをなぞったものですが、特徴的なのがとにかくギャグの勢いが凄まじいこと。

とくにマニアックなネタが多く、コアなロックファンでないとまったくわからないようなネタもちらほら…
(「あそこでビル・ラズウェルとフレッド・フリスとチャールズ・ヘイワードがバンドを組んでいる!」とか)。

主人公・北倉志郎の父親・玄照は坊主にも関わらずロン毛で背中にエレキギターを背負っていますし。

しかしではマニアでなければこのゲームのギャグを楽しめないのかというとそんなことは微塵もなく、とにかく凄まじいテンポで繰り出されるギャグの応酬に必ず爆笑してしまいます。
グラフィックのないクラスメイトの台詞にすら笑えるのはこの作品くらいでしょう。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://bishoujyogames.blog90.fc2.com/tb.php/64-c48c73e5
Listed below are links to weblogs that reference
「Lien~終わらない君の唄~」のレビューNo.1 from 美少女ゲーム情報・体験レビュー

Home > Lien > 「Lien~終わらない君の唄~」のレビューNo.1

Return to page top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。