FC2ブログ

Home > Phantom

Phantom Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Phantom -Phantom of Inferno-レビュー No.3

『Phantom』独自の画期的なシステムとして、ゲーム中で使う銃器を自分で選択できるというものがあります。
どの銃を選んでもゲームの進行には影響しないのですが、ゲームの雰囲気を出すのにはとても良い演出でしょう。

ゲーム中に登場する銃や車などは3DCGで作られており、銃は3Dで作られているため360度回転させて見ることも可能で、ゲームのリアルさや重厚さを出すのに一役買っています。
また銃器鑑賞モードがあり、ゲーム中に出てきた銃を説明付きで見ることができます。

このゲームの人物画はリアル系のタッチで、お世辞にも萌え系とは言えません。
しかしプレイすれば、この作品にはこの絵がとても合っていると思えるようになるので、絵で敬遠しないでぜひプレイしてほしいと思います。

音楽もどれも渋く、使いどころも上手く非常に場面に合っています。
シリアスな場面や緊迫感のある場面の迫力はすごいものがあります。EDの曲は場面と相まって、心に染み入るものがあるでしょう。
システムはMacromediaのDirectorを使用しているため少々使いづらいかもしれませんが、バグはありません。

このゲームは現在美少女ゲームで主流の「萌え」系に真っ向から対抗する究極の「燃え」ゲーです。
美少女ゲームが可愛い女の子が出てくるだけのゲームだと思っている人、普通の美少女ゲームにはもう飽きてしまった人には絶対にお薦めします。

燃える場面だけでなく泣ける場面も多く、必ず満足できるでしょう。


Phantom -Phantom of Inferno-レビュー No.2

『Phantom』のストーリーは、記憶を失った主人公が目を覚ます所から始まります。

ごく普通の学生だった主人公は、アメリカ旅行に来ている際に暗殺組織・インフェルノに捕らわれ、過去の記憶を一切消され、「ツヴァイ」という名前を与えられ、そこで自分と同い年くらいの無表情な少女・アインに出会います。

アインもインフェルノの暗殺者で、トップクラスの才能を持つため、主人公に暗殺者としての教育をします。
主人公はまたたく間に暗殺者としての才能を開花させ、インフェルノのトップに上り詰めます。
自らの人間としての感情を殺し人を殺し続け、自らも殺されかける生死の狭間で主人公が見るものは…。

この作品の魅力は、とにかくキャラクターとそのキャラクターが喋る台詞が非常に格好良いことが挙げられます。
キャラクターが皆、美少女ゲームのキャラクターとは思えないほどに渋く大人っぽいのです。
キャラが喋る台詞も燃えるものばかりで、たとえば

「もう神様に出番は無い。相応しい言葉など思い出してる暇は無い。
だが悪魔に祈る言葉なら今すぐにでも思いつく。
願わくば、あの敵を業火で焼く為に…
どうかサタンよ、この50発に必中の加護を。
我が手の9mmと45口径に一撃必中の祝福を。」

などや

「統べ方はあんたに教わり、殺し方はアインに教わった。
でも、一番肝心なことを教えてくれたのはあんたたちじゃない。
裏切り方を教えてくれたのは、な」

など、プレイしていて鳥肌が立つようなものばかりです。
台詞の格好良さでは映画にも引けを取りません。


Phantom -Phantom of Inferno-レビュー No.1

皆さんは、「美少女ゲーム」と聞いて何を連想するでしょうか?

可愛い女の子たち、楽しい学園生活、胸がときめくようなイベント…そういったものですよね。
でも、そういった「美少女ゲーム」の固定観念をぶち壊したのが、今回紹介するNitro+のデビュー作にしてヒット作の『Phantom -Phantom of Inferno-』なのです。

『Phantom』は、美少女ゲームというジャンルの作品にも関わらず、展開されるストーリーはハリウッド映画ばりのガンアクション、カーチェイスなどのハードボイルド調なのです。

この作品はメーカーのデビュー作で、また「萌え」系路線の作品でもなかったため、発売前はまったく注目されておらず、初回出荷数もかなり少ないものでした。
しかし発売後、プレイしたユーザーの「シナリオがとても面白い」「熱い」「燃える」といった評価で口コミやネットで評判が広まりヒット作となり、結果Nitro+と、シナリオライター・虚淵玄(うろぶちげん)の代表作になったのです。

『Phantom』で美少女ゲーム界で独自の地位を確立したNitro+は、その後も「燃え」系などのブランド色の強い作品をリリースし続け、ファンに強い支持を受けています。
また、近年はNitro+CHiRALというボーイズラブ専門ブランドを設立し、『咎狗(とがいぬ)の血』、『Lamento -BEYOND THE VOID-』などの作品をリリースし、こちらも女性に高い人気を得ています。


Home > Phantom

Return to page top

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。